降圧剤による口内炎について

 
降圧剤を服用した際に起こる副作用のひとつに、口内炎があります。そもそも降圧剤とは、人間の体にとっては無理に血圧を下げるという不自然なはたらきをさせるものなのです。そのために高くなっている血圧を下げることができる反面、体内の健康な部分に悪い影響を及ぼして副作用を起こしてしまうといったリスクがあります。その副作用のひとつが口内炎です。

口内炎とは


口内炎は、口の中にできる炎症で、食べものや飲みものがしみて痛みを生じます。専門の薬もありますが、特に何もしなくても自然に治ることがほとんどですが、降圧剤服用の副作用として起こるとなれば、起きる頻度が高くなるため不快感が何度も長く続くことになってしまいます。口内炎が起こると、それが原因で食事をするのもおっくうになり、健康を害してしまうことにもなりかねません。高血圧を改善するためには食生活の改善が必要であるのに、食事が十分にできないとなれば困りものですね。大きな病気ではないのですが、頻繁に起こると不快感が続くため、それが原因でストレスがたまり、血圧にも悪い影響を及ぼすといったことも考えられます。

口内炎が起こった時の対策


降圧剤の副作用による口内炎ができないようにするには、別の種類の降圧剤に処方を変えてもらうことが最善の方法です。ただ、その場合、別の副作用が起こる可能性があることも忘れないでいてください。口内炎の対策としては、どうしても気になってしかたがないのであれば口内炎用の薬を使うことで改善されます。塗り薬や口の中に噴射するスプレータイプのものやいろいろな種類がありますが、塗り薬が最も効果的だといわれています。ぬらしていないガーゼや、ガーゼがなければティッシュなどを使って口内炎の部分の水分を取り、そこに盛るような形で薬を塗ります。この口内炎に限らず、降圧剤の副作用は薬を変えたり、量を減らすことで改善することができます。それは自分で勝手に判断して飲む量を減らすなどするのではなく、必ず医師に相談をしたうえでその指示に従うようにしましょう。
 

関連記事

性欲減退

高血圧の患者が血圧を下げるために服用する降圧剤にはさまざまな副作用があります。その薬の種類によっても違う副作用が出るのですが、多くみられるものが、頭痛、顔がほてる、めまいやたちくら...

食欲不振

高血圧の改善のために降圧剤を服用した際に起こる副作用のひとつに、食欲不振があります。具体的に起こる症状としては、全身にだるさを感じて食欲が起こらない、吐き気や胃や胸のむかつきがあっ...

めまい

高血圧の改善のために降圧剤を服用した際に起こる副作用のひとつに、めまいがあります。めまいや立ちくらみが頻繁に起きることがあります。めまいやたちくらみが降圧剤の副作用として起こるのは...

口内炎

降圧剤を服用した際に起こる副作用のひとつに、口内炎があります。そもそも降圧剤とは、人間の体にとっては無理に血圧を下げるという不自然なはたらきをさせるものなのです。そのために高くなっ...