高血圧治療のすべてTOP > 高血圧治療を理解しよう > 降圧剤は薬の作用で一時的に血圧をさげているだけ

降圧剤は薬の作用で一時的に血圧をさげているだけ

 
高血圧の治療に使われる降圧剤ですが、服用すれば血圧は下がります。しかし、それは一時的なものであり、そのままずっと下がったままになるわけではありません。つまり、薬の効果が持続している間だけ血圧が下がるということです。そのため、常時薬を飲み続けている方もいますが、副作用や、体が薬の効果に慣れてきて効果が出にくくなる耐性ができてしまうこともありますので、服用の頻度やタイミングには気をつけるべきで、乱用は控えるべきだと思います。

降圧剤の効果は一時的なもの


医療機関のほとんどでは、高血圧の患者に対して降圧剤を処方しています。中には根本的な治療は無理だと考えて、対症療法にしかならない降圧剤の服用のみを指示している医師もいるようです。しかし、先述のとおり降圧剤は一時的に血圧を下げるだけの薬であって、根本的な治療効果はほとんどありません。確かに降圧剤を使えば高くなっている血圧を下げることはできますが、正常な血圧の維持を続けることはできません。薬の効果がなくなれば血圧はまた上昇していくのです。根本的解決を考えずに薬を渡すだけの「治療」をしている医療機関は大いに反省すべきでしょう。また、かかっている患者の側も、そのような医療機関や医師にのみ頼るのではなく、他の医療機関を受診するなども考えるべきではないかと思います。

降圧剤の長期間使用は危険


なぜそう述べるのかといいますと、降圧剤を長い期間にわたって服用することは副作用の発症や、さらなる危険をともなうことになりかねないからです。副作用とは、その薬によって体の正常な部分に悪い影響が出てしまっているということです。つまり、悪くなっている部分を正常に戻すために、別のもともと正常な部分を悪くしてしまうということです。そのため、血圧が高くなってどうにもならない状態であるなど、即効性のある降圧剤に頼らざるをえないといった場合をのぞいては、できるだけ降圧剤に頼らない血圧の安定化を図る治療法を考えるべきです。降圧剤はあくまでも一時的な対処として使うべきで、長期間にわたって使い続けるものではないと認識しましょう。
 

関連記事

降圧剤は薬の作用で一時的に血圧をさげているだけ

高血圧の治療に使われる降圧剤ですが、服用すれば血圧は下がります。しかし、それは一時的なものであり、そのままずっと下がったままになるわけではありません。つまり、薬の効果が持続している...

食生活を改善すれば血圧は下がる

高血圧を改善する、つまり血圧を下げて正常な血圧に安定させる治療法はないのでしょうか。降圧剤を使えば高血圧は一時的に改善されますが、それはあくまでも薬の効果が続いている間だけであり、...

1日30分の運動が血圧を下げる

高血圧を改善して血圧を下げる方法として、1日30分の運動を毎日続けることが有効です。食生活の改善とあわせて毎日の運動を欠かさずに続けることで、血圧の改善に大きな効果が期待できます。...